肌荒れは皮膚科へ

頭をかかえる女性

肌荒れとは皮膚トラブルの全般を総称して呼ばれます。肌が荒れるということは、かさかさしたり、痒み、吹き出物ニキビ、赤くなるといった症状があります。これらのものが複合してあらわれることもあります。健康的な肌はみずみずしく、皮脂がしっかりと皮膚の表面を覆っています。肌荒れの状態は水分と皮脂のバランスが崩れていることから生じます。肌荒れの原因として考えられることは、生活環境、生活習慣、年齢があります。生活習慣としては偏った食生活、仕事によるストレス、寝不足といった現代人が抱えがちなものが考えられます。身近なものだと、入浴時に使うシャンプー、ボディーソープ、洗い物での洗剤が刺激が強く肌に合わないこともあります。そのため若くしても水分と皮脂のバランスが崩れ、肌のトラブルを抱える人が増えています。

肌荒れの対処としてはやはり専門家である皮膚科で診てもらうのがよいでしょう。皮膚科での流れとして、診察、指導で、治療です。指導では現時点で改善できる生活習慣のアドバイスをもらえます。食生活や睡眠時間、入浴時の使うものを指定をされることもあります。治療ではその段階、症状に合った薬を処方してもらえます。肌荒れで皮膚科に行くときの注意点としてですが、病院選びが重要になると思います。診察の内容が医師、病院によって様々なので評判のよい病院を選ぶようにしましょう。医師によっては皮膚病としてしっかりと診てくれるところもあれば、そうでないところもあります。自分にとって頼りになる皮膚科、病院があればいざというときに心強いものです。